健康全般

「時差ボケ」対策

「時差ボケ」対策

超距離移動生活で、最大の天敵は「時差ボケ」で「2つの解消法」があります(私的)
この「時差ボケ」だけは、どんなにトレーニングを積んで体力をつけても、そう簡単には、解消できません。

1、時差ボケ調整に愛用しているのが、「メラトニン」です。

「メラトニン」は、米国の医師が使用する頻度が極めて高いサプリメントで、スーパーマーケットのレジ脇に置かれているほどポピュラーです。

その理由は、高い効能がある一方、副作用がほとんどないからなのですが、日本では販売されていません。合法的に個人輸入するしかありません。

2、「CBD」3%〜5%と「GABA」の組み合わせです。
         ↑
   なるべく当日夜に寝なきゃいけない時、寝付けないような時です。

日本は、サプリメント市場は1兆5000億円もあるのに、良い商品がほとんどありません。その理由は、アメリカ・カリフォルニアの「Prop65」のような厳しいレギュレーションがないため、メーカーのやりたい放題できるのが現状なんです。同じビタミンCでも、粉末がある一方、カプセルがるような場合で、当然成分は違ってきます。

日本では、マーケティングにより「体にいい」と錯覚させる「実は糖質がほとんどの品質が悪いサプリメント」と、「医師が独占している薬剤」のふたつの選択しかないのです。

自分の身は、自分で守るしかない時代。「先生」と呼ばれる方々の意見を、なにも考えず鵜呑みにするほと怖いことはありません。自分で学習をしておきましょう。