生活・オストメイト

オストメイト

今、障害者になって、トイレを探すのが結構大変だったりします。羽田空港をはじめとするトイレの綺麗な施設なら全く問題ありませんが旅行中や帰省中はホテルのきれいなトイレしか、なかなか使えない状況。

ネットで検索していたら、オストメイト対応トイレのアプリがあったので使ってみようと思う。駅や病院などの公共機関で、このようなマークをみかけられた方もいるのではないでしょうか。

このマークは、人工肛門・人工膀胱を造設している人( オストメイト )を表しています。オストメイトのための設備があるトイレなどに特に多くみられます。入院中の病院内である程度練習したので慣れてはきたものの、まだ出会ってない状況があると思います。

ストーマは外見ではわかりづらい内部障害であるため、様々な場面でつらい思いをするオストメイトがいるだろうな。オストメイトは、ストーマのことを知って欲しい、理解して欲しい、と思う反面、排泄の障害であることから、恥ずかしい、知られたくない、という思いもあります。そのため、自分がオストメイトであるということをカミングアウトできない人も多く、理解して欲しいけど知って欲しくないという複雑な思いがあることも事実です。

また、その障害になるに至った治療が未だ終わってない方もいます。

このような障害に対して、考えてくれている会社や発信してくれているサイトがあったので、リンクしておきます。

https://www.coloplast.co.jp/about-us/