健康全般

ヨガ・東洋医学・健康 1

ヨガ(素人です、本を読んだりネットで調べて自分の体に応用したものですのでご容赦ください)まだまだ編集していくつもりです。

ヨガ理論は学ぶ以上はすべての本質になりえます。
一般的な幸福を望もうが、健康を得ようが、或いはそれ以上の目的を達成するにせよ、必要となってくる理論です
最近はやっているホットヨガとかなどは美容と健康を目的としています。
もちろんそれについてもその範疇をカバーしていますが、本来はヨガというものはもっと崇高な目的の為に成り立つものです。
また、ビジネスの成功者などは、彼らが学んだのか?経験的に知っているのか?は別として、ヨガ理論の中の成功哲学(のエッセンス)をすべからく実践しています。

というような主旨のことを感じました、私の場合の今までのヨガは、インドやスリランカあたりに行き、あぐらをかいて呼吸を整える、日本でいう「臨済宗や曹洞宗の座禅???」っていうようなかなり失礼で浅はかな認識にもとに通り過ぎていたように思います。ヨガ関連の記事についてもビジネスパーソンや経営者・事業化がたまに語るのを見聞きしましたがそれをもじでよむ、それ以上でも以下でもない認識でした。

少し学習を始めるにつれて錚々たる経営者や事業家の方がヨガに興味を持ってることには正直数には圧倒されました。
よって、私が求めているのは、ビジネスで得られる以上のものがここにあるのではないかと感じ始めました。
※稲盛さんやビルゲイツの近年にも見え隠れしてる感じで、「生き方」などの著書に記載があります。
これを人によっては大まかに宗教や、仏門などの領域に結び付けてる系譜図なども散見されますが、私はその手前までの認識を欲しており、その部分の深堀はしません、正直に体に結びつく、健康に結びつくことに傾斜していきたい。
年齢も重ねて行く上で、本来自分がなりたい自分になりたいと思っています。
※多分ですが、ビジネスで「徳の理論・智慧の向上・エネルギー理論」の基礎あたりをしっかりと実践できれば必ず成功するでしょう。

健康ヨガであれば、美容と健康は、先ほどのコンプレックス解消のテーマにも当てはまります。
食養(食品が体に及ぼす影響の研究)もあるので、健康コンサルの方と組んで事業展開するのも考えられることかもしれませんが今はソコはありません
美容は興味ないなぁ。。。肉体的な美しさは精神的な健康(簡単に言うと内側のエネルギーを循環させる)が現れるだけですから。拡大すると、職場環境の悩み解消・コミニュケーションを円滑にするなどもy伊賀に精神性の延長線上で導き出せるような気がします。

それと私のバックボーンは何かというと、ヨガ理論を背景とした社会人経験となります。
よって、ヨガ理論(東洋哲学)の根本から派生して、自身の経験や他者の観察を解釈した話をしています。
たとえば、巷にある成功哲学的な事に関しては、すべて私の理解しているヨガ理論の範疇なので、スパッと分かります。
成功哲学で成功している人としていない人の違いも説明できます。

ヨガですが、健康に関しての研究は、もちろん進んでいます。
改めてですがアーユルヴェーダって、東洋医学の根本です

ヨガについては、ナーディ、チャクラ、カルマ、功徳、食養位かな。巷のは間違いが多いから修正必要。