健康について

地下ジョグ

地下ジョグってなんだろう。

この言葉を聞いてすぐにウェブで検索したのだけれど、地下足袋の類しかなくて、見当違いかなと思っていたところ、一番下に「新宿地下ラン」と出てきていた。この検索結果と私のイメージが大体一致した。なんのことかというと、雨や雪など天候のよくない時に、地下街を小走りに走って=ジョギングするということだった。

実は私もジョグはしないが、人通りの少ない地下街を歩いてリハビリしている。というのも、地上はニュースでもよくあるように、いつ高齢者(かかわらず)
の車が突っ込んでくるかわからないし。交通事故以外にも障害者にはリスクがあるからです。

例えば、歩道を猛スピードの自転車が走ってたり、あるいは車体の大きな電動アシスト自転車=3人乗ってる時もある、が我が物顔で走っていて、事故のリスクが少なくとも上がるからである。

また、地下街は時間をずらせば閑散状態で、簡単なストレッチ程度なら余裕でできてしまう。それにトイレもあるし、地震にも強い。無駄にに近所の人とも会わない。ある意味邪魔されず体にも良い時間を過ごせます。

ある程度長い距離できるところと言えば、新宿駅、大手町駅〜東京駅八重洲口間、上野御徒町〜京成上野間、大阪駅、博多駅、天神駅、札幌駅あたりだろう。