健康について

腸内環境を整える=睡眠の質が高まる

睡眠の質を高めるためには”腸内環境”を整える事が大切。

『ビジネスアスリートのための腸コンディショニング(パブラボ)』で腸内環境を整えることによる効果が書かれていて、良質な睡眠が取れるかどうかは、腸内環境によっても左右されると。

幸福感や満足感をもたらす物質といえば”セロトニン”というのはご存知の方も多そうですが、このセロトニンの95%は消化管に存在すると言われています。

セロトニンは、腸粘膜にある腸クロム親和性細胞によって生成され、生成されたセロトニンが体内に分泌されると、腸の動きが活発化されます。

睡眠においては、快眠ホルモンとも言われているメラトニンの原料としてもよく知られており、消化の働きを助けるという意味でも、セロトニンが脳や睡眠に与える影響は絶大です。

また、近年の研究では、人間の腸は神経組織の塊で、脳内と同じ神経伝達物質が30種類存在するということも明らかになりました。

まさに「第二の脳」と言われる所以です。

腸には、メラトニンを分泌することで知られる、脳の内分泌器である松果腺の400倍以上のメラトニンが存在することも分かってきています。つまり脳より腸なのです。

実際に松果腺を手術で切除した後でさえも、腸には切除前と同レベルのメラトニンが存在したという調査もあり、腸内組織はメラトニンを生成する能力に秀でていると言われています。

このメラトニンは腸内環境が整い、しっかりと機能している事により、適正量が生成され、睡眠の質に大きく影響してくるのです。

では、どうすれば腸の蠕動運動を活性化させ、睡眠の質を高めることができるのか?

その解決方法の一つとして、「瞑想」を習慣に取り入れることをお勧めいたします。

瞑想と言いますと、どうしても難しく考えてしまったり、宗教的な発想を持たれたりする方も多いのですが、大量の情報が絶えず流れるストレルフルな時代だからこそ、ご自身でコントロール出来る呼吸に意識を集中させることで、心身の健康を保つことが出来るシンプルな方法です。

少し長くなるけど、牛乳は怖い。私は小さい頃から、牛乳そのものは好きだけど、どんなに体調がいいときも口にした途端、お腹を下していました。歳をとって栄養やサプリに興味を持ち、自分自身の体を考え、調べてみました。

まずグルテン(小麦粉)フリーとともに、カゼイン(牛乳タンパク質)フリーの食事療法ってのが、最近重要視されているとの話。お腹を下しているのは自分だけではなく、ある統計によると、日本人には非常に多いという話です。

牛乳は体に良いと信じてきた人も多いかと思いますが、実は様々な問題を抱えています。
牛乳に含まれるカゼインは、分解されにくいアミノ酸配列をしており、未消化のまま腸に入ると、腸の粘膜に傷をつけ、炎症を起こします。この腸の炎症が、繰り返し起こると、次第に腸の粘膜の目が粗くなり、リーキーガット症候群(腸管壁浸漏症候群)になってしまいます。カゼインが引き起こす、腸の炎症と中毒性は、グルテンにも同様なことが生じるため、グルテンフリーと一緒にカゼインフリーを行うとより効果的です。

ということで、もう何年も牛乳やその類は口にしてません。
睡眠の質を考え始めたら、ご自身の腸内環境を考えてみましょう!