障害者生活

障害者むけのサイトを見つけました!

障害者向けのサイトを見つけました!
その会社の理念の一部をシェアします!

プラス・ハンディキャップとは

生きづらさってなに?
自分の力では変えることのできない障害や障壁、状況や環境が原因となって引き起こされるネガティブな気持ちを「生きづらさ」といいます。つらい、苦しい、かなしい、もどかしいといった言葉で表現されることのほうが多いかも。私たちは「生きづらさ」は状態なのではなく、感情だと考えています。

生きづらさをなくすためのきっかけ、仕掛けをつくる
例えば、障害があれば生きづらいのか。貧困の中で育てば生きづらいのか。みんながみんな、そういうわけではないでしょう。生きづらさを抱いてしまう感情の回路をどうすれば切り替えられるのか。どうすれば解釈を変えられるのか。私たちはそのきっかけや仕掛けをつくります。

自分の人生の主導権を自分で握る人を増やす
自分の幸せを追い求めるためには、目の前に流れている時間や機会、お金や仲間を自分のもとに引き入れて、活かす必要があります。自分で納得感をもって選ぶこと。自分の生き方を自分で決められるひとが増え、自分の人生を楽しみ尽くすひとが増えれば、結果として、社会の生きづらさの総量が減るのではないかと信じています。

以上です。

私自身、障害者にならなければ、不自由にならなければ、このように共感を持てるサイトを探すこともなかったかもしれません。いろんな局面でこのような気持ちの共有や人として当然な心のあり方を探し続けていきたいと思います。