通院・闘病・障害 etc

障害者生活

ストーマされてる方(内容は、ストーマの方なら既にご存知の方がほとんどかと思います)

こんにちは!
私はストーマにしてこの12月に1年目となりました。最初非常に不便でしたが、ストーマのパウチを色々と試して最初勧められたメーカーとは違う会社に変更したりして、つまりストーマの種類など調べ尽くして今、2種類使っています。一方はノバライフ1を利用し(便が見えないのですごくいいです)、もう一つはセルケア1TDcを利用しています(こちらは装着の際にとても肌にフィットしているので利用しています)。

導入が長くなりましたが、本当は別のことをお話ししようと思っていました。
横のつながりがほとんどないため、帰省や旅行に将来行く時の情報を探していたところ、冒頭のとおり、既にストーマ歴の長い方でしたらご存知かと思いますが、外資系のコロプラストという会社にたどり着きました。そこでもストーマの販売をやっているようですが、それは今後考えるかもしれません。言いたかったことはいろいろ相談できる窓口やストーマライフについての見解が記載されていることです。

これからネットでの商売や情報収拾が今まで以上に能動的になり、今まで以上の詳細な情報が入ってきたらいいなと思います。
海外旅行時のストーマケアなどは正直、外資系企業の情報が役に立つと思い紹介しました。もっと色々な会社があると思いますが、探し当てたらまたご案内します。

ちなみに通常は、自治体の補助の元、M・P・I(エム・ピー・アイ)というところを利用していますが、言われるがままに利用しているので、この辺も情報を集めて、比較検討していきたいと考えています。

今、障害者になって、トイレを探すのが結構大変だったりします。羽田空港をはじめとするトイレの綺麗な施設なら全く問題ありませんが旅行中や帰省中はホテルのきれいなトイレしか、なかなか使えない状況。

ネットで検索していたら、オストメイト対応トイレのアプリがあったので使ってみようと思う。駅や病院などの公共機関で、このようなマークをみかけられた方もいるのではないでしょうか。

このマークは、人工肛門・人工膀胱を造設している人( オストメイト )を表しています。オストメイトのための設備があるトイレなどに特に多くみられます。入院中の病院内である程度練習したので慣れてはきたものの、まだ出会ってない状況があると思います。

ストーマは外見ではわかりづらい内部障害であるため、様々な場面でつらい思いをするオストメイトがいるだろうな。オストメイトは、ストーマのことを知って欲しい、理解して欲しい、と思う反面、排泄の障害であることから、恥ずかしい、知られたくない、という思いもあります。そのため、自分がオストメイトであるということをカミングアウトできない人も多く、理解して欲しいけど知って欲しくないという複雑な思いがあることも事実です。

また、その障害になるに至った治療が未だ終わってない方もいます。

このような障害に対して、考えてくれている会社や発信してくれているサイトがあったので、リンクしておきます。

https://www.coloplast.co.jp/about-us/